トラストウォーターの効果は本物?評判が良い秘密は水素濃度

トラストウォーターの効果は本物?評判が良い秘密は水素濃度

トラストウォーター

 

トラストウォーターの評判は賛否両論あります。

 

デメリットとしては、飲み口がないので、コップに注がなければ飲めないことです。「外出時に持って行くには不便だ」という声が多いです。

 

反対にメリットとして「これまで水素水商品をいくつも試してきたけど、すぐに実感できたのはトラストウォーターが初めてです。」

 

といった声が多いです。主に

 

  • 朝の目覚めが良くなった
  • トイレが近くなった
  • 肌にハリがでてきた
  • 目のくまが薄くなった

 

これらの効果を感じたようです。

 

トラストウォーターで実感!評判が良い秘密は水素濃度

 

トラストウォーターで実感できた秘密は、水素濃度が3.0ppmという他の水素水商品と比べて高濃度なことです。

 

水素濃度とは、水に水素がどのくらい含まれているかを表した言葉です。水素濃度が0.08ppmを超えると、水素が豊富に含まれた水素水と認定されています。

 

3.0ppmという数字が、いかに高い数字だと分かると思います。

 

容器から水素は逃げ出す

 

水素は分子の中でも一番小さな物質です。水素水は工場で、水に水素を充填して作られていますが、充填した瞬間から水素は容器を擦りぬけて抜けだしてしまいます。

 

 

例えば、工場で水素濃度が3.0ppmあったとしても、手元に水素水が届くころには水素濃度が1.0ppmになっているなど、ほとんど入ってない可能性も考えられます。

 

それを防ぐために、水素水はアルミパウチ容器に入れて販売している会社が多いのです。水素が逃げにくい容器の順番は以下の通りです。

 

  1. アルミパウチ
  2. アルミ缶
  3. ペットボトル

 

ペットボトルに入れて販売されている水素水には、ほとんど水素は入ってないと考えてもいいでしょう。

 

トラストウォーターは水素の逃げ道を極限まで無くした

 

水素を逃げにくい構造のアルミパウチにも唯一弱点があります。それは

 

「飲み口から水素が逃げてしまうこと」です。

 

飲み口はプラスティックによって作られているので、どうしても水素が逃げてしまいます。それを防ぐためにトラストウォーターは、評判が悪くなった原因である、飲み口までなくしてしまいました。

 

まとめ

 

ほかの水素水商品で実感することが出来なかった方でもトラストウォーターを飲んで効果を感じた秘密はトラストウォーターが水素濃度にこだわったからです。

 

水素水は水素が入ってからこそ価値がありますので、値段の安さや、おいしい天然水を使用しているなどの情報に流されずに本物を見極める目を養っていきましょう。